あっさりストレートで飲む赤しそジュースのレシピ

6月~7月にかけて、近所のスーパには赤しそが並びます。この時期に一度は作るのが、赤しその香りとクエン酸の酸味で夏バテの時でもあっさり飲める「赤しそジュース」です。

赤しそジュースの材料

  • 赤しそ: 150g
  • 水: 2L
  • 砂糖: 200g
  • クエン酸: 10g

ストレートで飲む場合の分量のつもりですが、水の量を変えれば、濃縮ジュースも作れると思います。僕はこの分量とは別に、水1Lバージョンも作ります。

クエン酸はドラッグストアで入手。店員さんに料理に使えるクエン酸が欲しいと伝えたところ、台所の掃除コーナーに案内されましたが、ちゃんと食品添加物のクエン酸が売られていました。

赤しそジュースの作り方

赤しそを煮る

赤しそ150gを水洗いします。鍋に沸騰させたお湯2Lに赤しそを入れ、色が抜けるまで、2~3分くらい煮ます。


赤しそ結構山盛りになります。使っているざるが小さいのかな。


沸騰したお湯に赤しそを入れます。


煮た後の赤しそは、赤が抜けて緑色になります。

砂糖とクエン酸を加える

鍋から赤しそを取り出したら、砂糖を加えて溶かします。砂糖がよく溶けたら、クエン酸を加えます。

容器に移して、冷蔵庫で冷やす

冷めたら容器に移して、冷蔵庫で冷やします。赤しその細かな葉が残っているかもしれないので、一度こしたほうが良さそうです。


赤しそジュースを鍋から容器へ移す時に、コーヒーフィルターでこしました。


よく冷えたら、そのままいただきましょう。
(でも、僕は氷を入れてしまいました・・・。)

コメントを残す

名前・メールアドレス・サイトの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはreCAPTCHAで保護されています。reCAPTCHAにはGoogleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。