切って漬けるだけの簡単コリンキーの漬け物

赤しそと並んで、夏に買う恒例の野菜の1つが「コリンキー」というカボチャです。皮も含めて生で食べられるとのことで、とりあえずきゅうりと一緒に一晩漬けます。

コリンキーの漬け物の作り方

コリンキーを一口大に切る

コリンキーを切って、中の種をスプーンで取り除きます。僕の場合、皮が固いと感じないので、むかずにそのままにしますが、これは好みによるでしょうか。


半分に切ったところで種を取り除きましたが、さらに半分に切ってからの方が取り除きやすかったかなと反省。


ざっくり一口大に切っていきます。

ポリ袋に移し、浅漬けの素で漬ける

切ったコリンキーをポリ袋に移します。浅漬けの素をコリンキーが3分の1くらい浸かるまで加えたら、冷蔵庫で一晩漬けます。


ポリ袋にコリンキーと浅漬けの素を入れたら、軽く揉んで冷蔵庫へ。きゅうりも一緒に漬けてみました。

コリンキーの食感や香りは、カボチャよりもきゅうりに近い感じです。鮮やかな黄色が、食卓に彩を添えてくれます。

コメントを残す

名前・メールアドレス・サイトの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはreCAPTCHAで保護されています。reCAPTCHAにはGoogleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。