スーツケースの壊れたキャスターを自分で交換した

4年ほど前から使っているグリフィンランドのスーツケースのキャスターが1つ、摩耗してうまく回らなくなってしまったので、部品を取り寄せて自分で交換しました。

修理か? 買い替えか?

今回、キャスターが壊れたスーツケースは、4年ほど前に楽天市場のエフキカクで購入したグリフィンランド(GRIFFIN LAND)FK1037-1の機内持ち込みサイズSS。こちらのお店は、グリフィンランドブランドを出している会社クギマチの直営のようです。

さて、壊れたのキャスター1つだけなので、修理するか、それとも買い替えるかが悩みどころ。1年間無償修理サービス期間はもちろん終了していました。

グリフィンランドは低価格なブランドということもあり、修理拠点までの送料や工賃で新しいスーツケースを買えてしまいそうな気もします。でも、キャスター1つだけで買い替えるのももったいないな(粗大ごみとしての処理もあるし・・・)と、考えること数週間。

キャスターを取り寄せ、自分で交換

そんなこんなで、自分で修理できないものかとネットで調べていたところ、キャスターを取り寄せて自分で交換されている方を見つけました。

そこで、楽天市場エフキカクの修理窓口に問い合わせてみたところ、部品代と送料をお支払いすれば部品を送ってくれるとのことでした。なお、同じ並びのキャスターに摩耗などが生じてきているときには同時に交換した方が良いこともあるそうです。


新しいキャスターはヤマトコンパクト便で届きました。

と、いうことで、キャスターを取り寄せ自分で交換することにする旨を伝え入金したところ、入金当日すぐに発送していただけました。迅速なご対応、ありがとうございました。

修理手順、プラスドライバーで簡単に交換


スーツケース内布の真ん中に、何やら開けられそうな隙間があります。


ファスナーを開けていきます。


壊れたキャスター部分に貼ってある黒いシートをはがします。(汚れがひどくてすみません)


プラスドライバーで壊れたキャスターを取り外します。


取り外しの逆順で、新しいキャスターを取り付けます。


交換完了。10分くらいで簡単に交換できました。

コメントを残す

名前・メールアドレス・サイトの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはreCAPTCHAで保護されています。reCAPTCHAにはGoogleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。